トップイメージ

そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター

そらち 炭鉱の記憶マネジメントセンター へようこそ!

空知の石炭は、北海道の開拓と日本の経済発展に大きな役割を果たしてきました。炭鉱ともに生まれ繁栄した空知のまちは、石炭産業とともに衰退し、今、大きな苦境に陥っています。
炭鉱はなくなりましたが、空知には有形・無形の多くの「炭鉱の記憶」が残っています。私たちNPOは、「炭鉱の記憶」を、過去の遺産として未来へ受け継ぐとともに、未来を占う貴重な素材として活用し、地域の再生に役立てたいと思い活動しています。
わずか100年という短期間で、絶頂と没落を経験した空知産炭地域には、わが国発展の原動力として活躍してきた様々な人々の「思い」と、教訓や示唆に富んだ「場」が存在します。地域内外の人々と、炭鉱の記憶の場とを結ぶ拠点として、2009年8月に当センターを開設しました。
炭鉱遺産や地域の情報を提供するコンシェルジェとしての役割を果たす当センターに、ぜひご来訪下さい。

スタッフブログ更新情報

お知らせ

石蔵催事情報

※現在、催事は行われておりません。

炭鉱遺産写真展 「彩りヤマの風景−」
とき:平成28年5月29日(日)まで

終了いたしました。

物販情報

「そらち石炭かりんとう」をはじめ、そらち炭鉱の記憶マネジメントセンターで販売している物販情報です。

SNS

ページトップへ
そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター 北海道岩見沢市1条西4丁目3 TEL:0126-24-9901 月・火曜定休(祝日は開館し、翌日休館) 10:30~17:30
Copyright (C) NPO法人炭鉱の記憶推進事業団 All Rights Reserved.